お子さんに日本語を継承したい方へ オススメ記事の紹介

November 18, 2016

アルザス補習校Facebook担当の私が、子供の補習校入学を決める際に、とても参考になったと思う記事があります。
それは、ニュースダイジェストに掲載された、継承語・バイリンガル教育の第一人者 中島和子先生のインタビュー記事「バイリンガル子育てのポイント」です(pdf) 。 

 

「まず大前提としてお伝えしたいのは、親は家庭で日本語の先生にはなれない、なってはいけない、ということです」という言葉に始まり…
- 家庭の中で「教えよう」としないこと
- 言葉がストレスにならないようにすべき
- 言葉というのは生きているものですから、使う相手が必要
- 親とだけでは子供はあまり日本語を使おうとしなくなるもの
- 週末などに、日本語を学ぶ場、使う場を地域で作ること
- 実際の読み書きを教えるのは、同年代の仲間と一緒に日本語の文字を学ぶというスタイルがよい
というアドバイスが書かれています。


やはり「学ぶ場所」と「日本語で話せる仲間の存在」は重要ですよね。


その他にも
- 『読み聞かせ』がとても重要であること
- 言葉を楽しめるようにしてあげることの大切さなど、参考になる話が載っています。
 
お子さんへ日本語を継承したい!と思うお父さま・お母さまの参考になれば…と思い、ご紹介しました。


========================


「学校説明会」の申し込み締め切り日が近づいてきました。
参加申し込みは11月20日まで。
詳細は公式サイトをご覧ください。
https://hosyuko.wixsite.com/strasbourg

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

月別
Please reload

最新記事

September 21, 2020

September 5, 2020

Please reload

アルザス補習授業校 ストラスブール 補習校 日本語

©2016-20 by APEJA, アルザス補習授業校 (ストラスブール) | Mentions Légales | RGPD | Utilisation de Cookies