APEJA(アルザス日本語教育協会)並びにアルザス補習授業校の代表メールアドレスが変わりました。

apeja@alsace-hoshuko.org

補習校に関するご質問は、こちらをご覧の上、メールまたはフォームよりお問い合わせください。

1986年設立のアルザス補習授業校は、児童生徒の保護者で成り立つアルザス日本語教育協会 Association Pour l'Enseignement du Japonais en Alsace(APEJAが運営する日本政府援助対象校です。

補習校に子供を通わせている保護者全員が協会会員となり、会員の子女に日本語学習の機会を与えることを目的として運営しているNPO(非営利団体)です。会員の中から年一回の総会で選出された会長や校長、理事などが運営の中心となり、協会会員である保護者がボランティアで運営しています。

幼稚園年少~中学3年生を対象に、国際機関の集まるフランスのストラスブール中心部で、土曜日の午前中に授業を行っています。登校日には、アルザス=ロレーヌ地域圏やドイツから通学している学習者とその家族、講師陣、学習支援ボランティアの方々など総勢100名が学校に集まっていることから、在留邦人や日本に所縁のある人々の情報交換の場にもなっています。

 

4月から新学期が始まる3学期制 (7.8月は夏季休暇)

クラス数:8クラス 在籍者数:54名 講師数:8名 (2021年10月現在)

1/14

アルザス補習授業校のご紹介

ストラスブール中心部から徒歩5分。

設備の整った私立校の校舎で授業を行っています。

お問い合わせフォーム

入学のお問い合わせは、保護者のお名前・連絡先・お子さんのお名前(ふりがな)と生年月日をご記入の上、「送信」ボタンをクリックしてメッセージをお送りください。(本校に関連のない内容につきましてはお返事できませんので、ご了承ください)

メッセージが送信されました。