幼稚部 ハイブリッド授業


幼稚部 教室での授業再開でもご紹介したように、2020年12月19日から幼稚部も教室での授業が再開しましたが、ほぼ同時にドイツでロックダウンが決定し、ドイツ在住の家庭は国境を越えて通学することはできなくなりました。

そういった状況下でも子供たちが授業に続けて参加できるよう、学校運営側とドイツ在住の幼稚園児がいるさくら組の講師は、2021年1月初めから、教室⇔ドイツの家庭をオンラインで繋いだ“ハイブリッド”授業を行うことに決めました。


本校にとって初の試みでしたが、登校できない間も何かしてあげたい!という講師の熱意と尽力、そして配信準備やサポートにあたる保護者の協力により、ドイツ在住の園児もストラスブールの教室で行われている授業に参加でき、お友達と交流することが可能になりました。


(小中学部でもハイブリッド授業を行っています。こちらをご覧ください小中学部 ハイブリッド授業)


アルバム 1/3 (画像をクリックすると、大きな画像が表示されます)

講師は、教室にいる子とオンラインで繋がっている子の両方に話しかけながら、みんなが同時に課題に取り組めるように配慮して授業を進めています。


アルバム 2/3 (画像をクリックすると、大きな画像が表示されます)

曲にあわせてみんなでダンスや手遊びをしたり、画面の向こうにいるお母さんがこまを回して見せてくれる一コマも! 


アルバム 3/3 (画像をクリックすると、大きな画像が表示されます)

季節の歌を学ぶ場面では、先日から在ストラスブール日本国総領事館のSNS公式アカウントで配信が始まった本校の2人の先生による演奏動画を鑑賞。透き通った歌声と美しいピアノ演奏に子供たちはうっとりと聴き入っていました。


ハイブリッド授業により、今後も住んでいる国に関係なくみんなで授業を受けることができそうです。

192回の閲覧

最新記事

すべて表示
注目記事
最新記事
月別

アルザス補習授業校 ストラスブール 補習校 日本語

©2016-21 by APEJA, アルザス補習授業校 (ストラスブール) | Mentions Légales | RGPD | Utilisation de Cookies